RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】 特典付き購入

大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】

大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】 


当サイトより購入頂いた方に下記の5大特典特典を差し上げます!!
大須賀式 坐骨神経痛改善法を特典付きで購入する




【間違いその1】  足・腰・おしりを治療していれば治る


坐骨神経痛でお悩みの方は、同時に腰も悪い方が非常に多いので、
腰だけを念入りに治療する方が多いのですが、

一言で言ってしまうと、
”これだけでは根本から改善出来ないケースもある!”と言う事です。


というのも、カイロプラクティックの観点からお伝えすると、
背骨は骨盤、首の頸椎(けいつい)、胸の胸椎(きょうつい)、
腰の腰椎(ようつい)等と連結しているからです。


例えば、首を治療しただけで坐骨神経痛の症状を
改善された方も数多くいらっしゃいます。


逆に、原因が首にあるのに足や腰への対策しかしていないと、
一時的にはよくなってもまた痛みやしびれが再発してしまうのです。


坐骨神経痛だからと言って足・腰・おしりだけではなく、
できれば体全体の治療を進めることが大事だとわたしは思います。

 


【間違いその2】  マッサージやツボ押しをしているから大丈夫


次に、マッサージやツボ押しをしているから大丈夫とお思いの方も
多いのですが、こちらも気をつけなければいけない点が御座います。

 

何故なら、誤った部分を押してしまうと反発してしまい、
逆効果になるケースがあるからです。


きちんと正しい場所をピンポイントに押せればいいのですが、
一般の方には難しいと思います。
体の解剖学的なことを最低限知った上で行うべきでしょう。


勿論自分で押す場合もそうですが、人から行って貰う場合も
専門家や知識のある人にしてもらわなければ同じことです。


ですから、足、腰、おしり等をむやみやたらに押さない方が賢明だとわたしは思います。

 


【間違いその3】  運動をしているからいずれよくなるだろう


こう思っている方も数多くいらっしゃいますが、原則的に
痛みが強く出るような場合、運動は避けた方がいいでしょう。


勿論やってみて、痛みが伴わないものに関しては
継続していいですし、適度な運動は健康にもとてもいいと思います。


ですが、激しい動きのする運動や自身の体に合わない運動、
そして痛いのに我慢して行う運動等はオススメ出来ません。


特に野球やゴルフ等の腰をねじる動作の多いスポーツは
出来るだけ避けた方がいいでしょう。


何故なら腰をねじる動作をすると
椎間板を損傷する確率が高くなるからです。


これらのスポーツは症状が完全に治ってから行うべきです。

 

勿論人それぞれ症状は違いますし、
上記の方法で改善された方もいるでしょう。


ですが、
ご自宅でも安全に、そしてもっと簡単に改善出来る方法があることを知っていただきたい
とわたしは思います。


そして、坐骨神経痛を改善していく上で
もう1つ知っていただきたいことがあります。


それは、

 

坐骨神経痛は放っておいて
治るものでは無い


と言う事です。
こちらについて、これから説明させていただきますね。

 


坐骨神経痛を放っておくと、
”正常→違和感→痛み→しびれ→麻痺”という順で
悪化していく恐れがあります。


まず、普段から腰が重かったり、だるかったりする
と言う方は初期症状です。


これがだんだん慢性化してくると、
下半身に痛み、しびれが出てくるのが一般的でしょう。


「歩く・座る等の日常生活は出来るが、
走る・運動をする等無理をすると強い痛みが出る」というくらいです。


そして次第に麻痺していき、
横になっている時はなんとか我慢出来る程度で、
長時間歩く・同一姿勢で立ちつづける
等はできなくなってきます。


ふくらはぎ・太ももに感じる、座骨神経痛の痛み・しびれが
かなりつらいという状態になります。


更に症状が悪化すると、常にビリビリと激痛を感じてしまい、
夜寝ることも出来ない方もいます。


おしりの筋肉が痩せたり、足先の筋力が低下したり、
運動障害や神経障害、性機能障害が起こることさえあります。


ここまで進行してしまうともう手術をするしかなくなってしまうこともあります。


軽度なものですと、普段の姿勢や負担となる生活習慣を改め、
簡単なストレッチ等をきちんと行えば改善出来るでしょう。


しかし、これが重度の症状になってしまうと、改善は難しくなってくるのです。


また、坐骨神経痛は放っておくと下半身以外の部位まで悪くなってしまうことが多く、


 足・腰・膝、そして体に疲れが溜まり、慢性的な腰痛や膝関節症につながってしまう

 下半身の感覚がなくなり、排尿障害になり、お尻を拭く感覚までなくなってしまう

 足の感覚がなくなり、最悪寝たきりになってしまう


等、様々な体のトラブルへとつながるのです。


坐骨神経痛は自然に治る事は少なく、
放っておけば悪化する可能性の高い症状です。


ですから、出来るだけ早く、正しい方法で改善していく必要があるのです。






 

【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム 4種類のホルモンバランスで究極のバストアップ 自宅で簡単、速効バストアップDVD(3枚組!)バストあっぷるん 戸瀬恭子【バストアップ】 自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート無) 【あがり症・解消】クイックマインドプログラム お医者さんが教えてくれない、不妊症を自宅で改善するマニュアル 「頭痛の痛みを取り除くのは簡単です。」日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す【〜誰も知らなかった頭痛の治し方〜N.H.R頭痛解消法】 赤面症専門カウンセラーが伝授する1日わずか1分で赤面症を治す方法【全額返金保証!】
author:oosugazakotsu, category:大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】, 18:55
-, -, - -